ねこのきもち
猫の生態−観察日記


ねこのきもち 無尾遺伝子

2007.11.02 Friday

無尾遺伝子 ランピー

イギリスのマン島に生息する猫、マンクスが持つ遺伝因子。無尾遺伝子には完全無尾の「ランピー」と、株のような動かない尾の「スタンピー」そして「ロンギー」と呼ばれる短めから長めの尾のあるものがある。

無尾遺伝子は致死遺伝子の為、ランピー同士の交配は、流産や死産が起きやすい。またランピーを三代続けて掛け合わせると致死遺伝子が強く働いて子猫が生まれないなど、繁殖はきわめて難しい。

マン島のマンクスには様々な迷信がある。例えば「ネズミを追いかけていた猫が、ノアの箱舟に最後に飛び乗ろうとして尻尾が扉に挟まれてしまった」また「マン島を根城にしていた海賊が帽子の飾りとして長いネコの尻尾をみんな切り取ってしまった」など。現在ではマンクスの無尾は、致死性遺伝子によるいわゆる奇形であることが知られている。

因みに、日本には尻尾の短い(もしくはない)ジャパニーズボブテイルという品種があるが、この品種の無尾は、マンクスが持つ無尾遺伝子によるものではない。


ねこのきもち オッドアイ

2007.11.01 Thursday

オッドアイ 虹彩異色症

オッドアイとは、左の目と右の目の色彩が異なるという症状。正式には虹彩異色症(こうさいいしょくしょ)という。虹彩異色症は人間に発症する場合もあるが、人間よりもイヌやネコが発症する率が高い。

特に白猫の発症率が高く、日本では、一方が黄(銅)色、もう一方が青色の虹彩を持つ為、金目銀目とよばれる。またまれに一方が緑色、もう一方が青色になる場合があり、緑目青目とよばれる。

猫の場合、目の色が品種認定に関わる場合があるが、ペルシャターキッシュアンゴラなどは、オッドアイが公認色として認められている。

また、虹彩異色症は青目に聴覚障害を併発している場合があるが、猫の場合、聴覚障害は2割以下にとどまる。



ブログ内検索

| 1/1ページ |

ねこのきもちプロフィール

管理人:ミャア先生

猫好きで猫マニアのミャア先生による、猫の生態観察日記。猫の気持ちがよくわかるレポートです!

猫の写真ブログで我が家の猫写真、猫動画も公開中!


ねこのきもち最近の記事


ねこのきもち最近のコメント

ねこのきもち最近のトラックバック