ねこのきもち
猫の生態−観察日記


ねこのきもち ひこにゃん

2007.08.02 Thursday

ひこにゃん
ひこにゃん

2007年に築城400年を迎えた彦根城の記念イベント「国宝・彦根城築城400年祭」のイメージキャラクターで、井伊家由来の赤備えの兜をかぶった猫がモデル。彦根(ひこね)のにゃんという、そのままんな名前が、妙にかわいいゆるキャラ。

一応、下記のようなプロフィール設定があるらしい。

・性別 - 特に決まっていない。見た人の心に映ったままに。
・出身地 - 彦根城
・現住所 - 滋賀県彦根市金亀町1-1 彦根城天守閣
・趣味 - お城を散歩すること
・目標 - 国宝・彦根城築城400年祭を成功させること(目標達成)  井伊直弼と開国150年祭を成功させること

以降、フリー百科事典 Wikipedia(http://ja.wikipedia.org/)より参照。
同祭のキャンペーンやグッズ等で登場しており、その「ゆるさ」が話題を呼んでいる。このため近年の「ゆるキャラ」のブームの火付け役として知られている。

通常はそのまま「ひこにゃん」と呼ばれているが、マスコットでありながら公式のブログ(外部リンク参照)でスタッフに「モチ」呼ばわりされている。ファンの間でも愛称として「モチ」と呼ぶことがある。明確な理由は不明だが、強いてあげるならば「白くてくねくねする」→「お餅?」→「モチ」という連想であり、またスタッフの知人がひこにゃんをみて「何?あの餅みたいなの」と発言したこと[1]がきっかけとなったと公式ブログ内で語られている。なお彦根には名物として様々な餅菓子がある。

ほぼ毎週末、彦根城に登場するが、他にも彦根市・滋賀県関連、井伊家に関するイベントなどにも参加することがある。

関連サイト
ひこにゃん壁紙とグッズとっておき情報 http://sippofan.net/scoop/hikonyan/


ねこのきもち 猫娘

2007.08.01 Wednesday

猫娘

水木しげる先生の漫画『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する猫の妖怪。主人公、鬼太郎のガールフレンドと言う設定。

あまり知られていないが、一応原作では、下記のようなプロフィールが設定されている。

・身長:136cm
・体重:29kg
・年齢:鬼太郎より1歳年長 ?
・居住地:東京調布市の中華そばやの横の神社の下→ゲゲゲの森→妖怪横丁

以降、フリー百科事典 Wikipedia(http://ja.wikipedia.org/)より参照。
普段は人間の少女の姿だが、ねずみ(ねずみ男を含む)や魚を見て、興奮すると、裂けた口に鋭い牙をむきだした猫の形相になる。猫の機敏さと鋭い爪が戦いの際の武器である。魚、鰹節、ネズミが大好物。
水木プロ監修の書籍等で、公式に「ねずみ男と同じ半妖怪」と設定されているが、ねずみ男のように作中でその事に触れられる描写は滅多にない。アニメ第5作から「ゲゲゲの鬼太郎」と「ビビビのねずみ男」に対して「ニャニャニャのネコ娘」という通称ができた。

松竹製作の実写映画版は、出演した田中麗奈に合わせて身長158cmと設定されている。他にも年齢設定が鬼太郎ファミリー全員が江戸時代以前に誕生した事となっており、猫娘は400歳である(鬼太郎350歳、ねずみ男1000歳、目玉おやじや砂かけ婆たちはそれ以上とされている)。

関連サイト:
ゲゲゲの鬼太郎−フジテレビ http://www.fujitv.co.jp/b_hp/kitaro/index.html



ブログ内検索

<< | 2/2ページ |

ねこのきもちプロフィール

管理人:ミャア先生

猫好きで猫マニアのミャア先生による、猫の生態観察日記。猫の気持ちがよくわかるレポートです!

猫の写真ブログで我が家の猫写真、猫動画も公開中!


ねこのきもち最近の記事


ねこのきもち最近のコメント

ねこのきもち最近のトラックバック