ねこのきもち
猫の生態−観察日記


ねこのきもち 猫の糖尿病

2010.11.01 Monday

猫の病気−糖尿病

糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンが機能しなくなり、血液中の糖分が高くなるという病気です。人間の病気としては、生活習慣病として良く知られていますが、多くの猫も人間と同じように、糖尿病になります。

元々猫は肉食動物で、血糖値のコントロールがうまく無い事が糖尿病を引き起こしやすい原因にもなっています。特にイエネコの場合は、食べ過ぎや、ストレスなどの原因で高血糖を引き起こすと、糖尿病になる可能性が高いのです。

猫が高齢になる程、糖尿病を患う可能性は高く、しっかりとしたケアをしてあげましょう。 猫の糖尿病に関する知識や予防方法、治療方法を下記にまとめました。

主な要因と症状

猫の糖尿病を引き起こす主な原因は、食べ過ぎや、カロリーの摂りすぎです。

雄と雌では、肥満体質の雄により多くみられ、雄猫を飼っている場合はより良いケアが必要です。

猫が糖尿病にかかると、トイレ(尿)の回数が増えます。これは、血液中の糖を尿により排出しようとするためです。尿の回数が増えると自然と水を沢山飲むようになるため、多飲多尿になります。

また、糖尿病にかかると、尿により糖を排出してしまう為、急激に痩せます。太っているうちは、それほど症状は重くありませんが、太っていた猫が急に痩せた時は注意が必要です。

予防法、治療法
糖尿病は、患ってしまうと完全に治療する事はできません。ですから猫が糖尿病にならないよう、予防することが大事です。日ごろから正しい食事量を守り、運動の少ない猫には、猫じゃらし等で適度な運動を促してあげましょう。

また、食事制限では、ダイエット用のライトフードを与えることにより、無理のないダイエットを促すことができます。

糖尿病を患ってしまった場合は、進行が悪化しないよう食事(カロリー)制限を続けていくしかありません。糖尿病になった猫は水を多く飲みます。これは糖を尿により排出するために水分を必要とするからです。水は制限せず、いつでも飲めるようにしておきましょう。

残念ながら、糖尿病が悪化した場合は、動物病院でインスリン治療をうけなくてはいけません。 その場合、動物には、社会保険や国民健康保険等が適用されませんので、長期の治療はかなり高額があります。大切な愛猫を糖尿病から守るには、正しい食事量を守ることと運動を促すことが一番です。


ねこのきもち 白血病ウイルス(FeLV)

2010.10.21 Thursday

猫の病気−白血病ウイルス(FeLV)

猫白血病ウイルス(FeLV)は、免疫力が極端に低下し、合併症を誘発する非常に危険な病気です。 このウイルスから猫を守るためには、早期発見としかるべき予防が必大切です。 以下に猫白血病ウイルス(FeLV)に関する知識、症状や予防方法をまとめました。

感染要因と症状

猫の白血病ウイルスは、主に(唾液)より感染すると言われています。具体要因では、猫同士の喧嘩による噛み傷、直接口や、鼻が触れ合うグルーミング等があげられます。感染は生後間もなく抵抗力の弱い子猫が最も多く、母猫のグルーミング行為により感染するケースが多く見られます。

白血病に特有の症状はありませんが、貧血になるため元気だった子猫が突如元気を無くしたり、下痢をしたり、鼻水を垂らす、リンパ腫が腫れるなどの症状が出ることがあります。

猫白血病ウイルス(FeLV)は、早期発見が生存率を高めます。子猫の頃は、おかしいなと思ったら油断せず動物病院に連れて行くようにしましょう。

予防方法

猫白血病ウイルス(FeLV)は、一度感染すると、発病を抑制するほかに。確実に治療する術はほとんどありません。ですから、感染しないよう予防する事が重要になります。

白血病は唾液より感染しますので、完全室内飼いをしていれば感染する可能性はなくなります。もしくは、免疫の低い子猫の間だけでも外に出さないようにすれば、感染率はかなり低くなります。それが難しい場合は動物病院でワクチンによる予防接種を受けるようにしましょう。また、生まれて間もない子猫と、出産前の母猫には白血病の検査をしておく事を推奨します。

もし感染してしまったなら、動物病院で適切な処置を受けなくてはいけません。早い段階で免疫力を高める措置をし発病を抑えれば、生存する可能性があります。早期に適切な処置をすれば、子猫が成猫に近づくにともなって自然治癒に向かいます。

白血病

右の写真は、以前にNPO法人の動物愛護グループから譲り受けた猫で、 生まれつきの猫白血病を患っていました。動物病院で初検診を受けた時、先天性の白血病をもっている事がわかり、成猫まで生きられる確率は約50%ぐらいだと言われていました。

2009年10月、満7歳で息を引き取りましたが、早期発見と、発病抑制によってほぼ寿命を全うすることが出来ました。発病するかどうかは、運の要素も大きいところですが、早期発見が生存率を大きく高めるのは間違いありません。



ブログ内検索

<< | 2/2ページ |

ねこのきもちプロフィール

管理人:ミャア先生

猫好きで猫マニアのミャア先生による、猫の生態観察日記。猫の気持ちがよくわかるレポートです!

猫の写真ブログで我が家の猫写真、猫動画も公開中!


ねこのきもち最近の記事


ねこのきもち最近のコメント

ねこのきもち最近のトラックバック